愛しのXLサイズ・続々

キャスト

【攻・小林哲也】中島ヨシキ×斉藤壮馬【受・山本蒼】
【蘇我】山下誠一郎
【小林翔太】坂泰斗
【小林父】坪井智浩
【蔵人】陣谷遥/榊原優希

スタッフ

原作: 重い実
脚本: 茶乃原ゆげ
イラスト:重い実

発売日:2022年02月18日
収録時間:68分+特典 16分(2枚組)
発売元:フィフスアベニュー

ハイスペ巨根な酒造の息子×愛され努力家の見習い蔵人
「俺のケツ……すげぇ……」

下戸の見習い蔵人・山本はアナコンダ級の巨根を持つ恋人の実家『小林酒造』で共に働きはじめた。
山本は一人前になるまでは小林と距離を保とうと、頑なに一人職場近くのアパートで暮らしている。
しかし小林はなんだかんだ山本宅に入り浸り、
成人男性二人がイチャイチャするにはベッドも部屋も狭いと言って同棲を提案するのだが――。

シリーズ

愛しのXLサイズ
愛しのXLサイズ・続
愛しのXLサイズ・続々

レビュー

「愛しのXLサイズ続々」では、ついに山本君が小林君の酒蔵に転職して、同じ職場で働き出します。
続々はね、もう、しょっぱなから致していて、それがね、もうしょっぱなからすっごくいい!!!
お下劣ですみません。でもなんで、斉藤壮馬さんの絡みはこんなに色っぽいんだろう。それも、お話し的にね、お相手が4年?5年付き合っている相手だからなのかな。そういう安心感というか、慣れてる感もあって、さらにいい!
もう第一話から、再生して5秒後から、満足の嵐でした!!
愛しのXLサイズは本当に絡み多くて、続々はね、全部のトラックに各1回はあったかなと思う!それくらい多い!しかも濃厚。いっぱい回数あるのに、全部違って、全部いい。
腐女子の腐った脳を本当に満足させてくれました~……そういう意味で。

で、そういう意味じゃなくても満足させてくれるCDでね。
二人は、一人前の蔵人を目指してるので、そのひたむきに頑張るところなんかもね、丁寧に描写されていて、すごく好きです。こういう物語でさ、主人公が勉強とか仕事を頑張ってる描写があると、「私も頑張ろう」って頑張れるのよ。自分が机に向かったときに、大好きな推しの姿が浮かぶのね。そういう意味で、私は主人公が頑張る話が好きなんだけど、愛しのXLサイズはそんなね、側面でも力をくれました。

さてさて、この続々、舞台は小林君の実家である小林酒造なんだけど、小林酒造の人々がまた素敵でした!小林君の弟・翔太もすごく良くて、純粋でいい子で、そして渋い趣味をお持ちで、小林君と山本君の関係に気づきそうな場面に出くわしてるのに、疑いもしないっていうね(笑)
あと、個人的にすごく好きだなと思ったのが、小林酒造の杜氏のおやっさん。杜氏ってなんだろうって調べたら、お酒を造る蔵人の最高責任者のことらしいです。
このおやっさんの「とんでもねえ」ってセリフがね、トラック2にあるんですけど、それがすごくいい。すみません、ここ、BLには直接関係ないんですけど、仕事一本のまじめな職人さんで、仕事に魂かけてる人っていう感じがね、すごく伝わる場面だったので印象に残ってます。で、おやっさんと小林君の短いやりとり、というかバトンを受け渡す場面もね、とても良かったです。CD聞くときは、ぜひおやっさんにも注目してください。

私は、ストーリーとかキャラクターとか、キャラクタ―同士の関係性がすごく好きだなと思って「愛しのXLサイズ」を聞いてたんですけど、特典CDの最後に収録されてたキャストトークでね、ディレクションについての話があったのね。で、この作品、普通のBLっぽく演技しないでください、というディレクションがされているそうです。
だからか!
全体を通して、オーバーな演技がなくて、静かで、でもすごく味わい深いの。たまにBLCD聞いていると、日常感?を大切にしすぎて、起伏がなさ過ぎてちょっと退屈しちゃうやつもあるんだけど、この作品は原作の良さからか、静かなんだけど、全然聞けるのね。
主演のお二人も、「新しいジャンルをを確立してる」っておっしゃってましたけど、まさに!!です。

そうそう。最後に、愛しのXLサイズは、こんなに長く付き合ってるのに、二人ともお互いを小林くん・山本くん呼びだし、相変わらず喧嘩の一つもしてないところがすごく好きです。
続々続、いつか出るかな。
楽しみにしてます。


★★★人気&名作のBLCDが無料で聞ける!
Audibleは初月無料★★★


コメントはお気軽にどうぞ(管理者のチェック後公開されます)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)