BLCD-navi

声優別・受け攻め一覧

イケズ彼氏の堕とし方 レビュー

by Posted in: レビュー

イケズ彼氏の堕とし方

エロ漫画家の幸生と担当編集者・田中のほろ苦いラブストーリーが「イケズ彼氏の堕とし方」です。
エロ漫画を書くのにリアルなエッチをしたことがない童貞の幸生。ある日、担当の田中から連載の打ち切りを言い渡されます。かわりに新しい連載を始めることになったけれど、田中から性的な経験がないからダメなのだと指摘され、身をもって「触れられるとどうなるのか、どう感じるのか」のレクチャーを受けることに!
……という、よくある(?)設定だったりします。
けれどよくある設定とは違うのは、身体の関係を結んだあとも田中は一貫してクールで事務的な態度を崩さず、幸生も田中に罵詈雑言を投げつけること!
しかし幸生はしだいに田中に対して独占欲じみた感情を持ち、友人である漫画家に「お前は田中に依存している」と指摘され……。

この作品のカップリングは森川智之×寺島拓篤。
寺島拓篤は高めの元気いっぱいなトーンで演じています。田中に気持ちがうまく伝わらないモヤモヤ感が高めのトーンに微妙にマッチしてところどころ切なさを醸し出し、いい感じです。
そしてBLの帝王と呼ばれる森川智之の攻めはさすがの安定感と色気と落ち着き。全然甘くないはずの事務的な絡みのシーンでも、森川智之の囁きが聞こえてくると、ゾクッとしてしまいます! そして絡みでの寺島拓篤の喘ぎもギリギリ感いっぱいで萌えます!

エッチはするけれど「好き」だとは言ってくれない田中、そしてエッチのあともさっさと帰ってしまう田中に対してモヤモヤと不満を募らせ、冷たくされても強引に迫っていく幸生がひたすら可愛く感じてきます。
へこたれない強気な受けが、攻めに立ち向かっていく姿は良いですね~!
そして攻めの手にかかると、普段の強気な口調があっというまにトロトロに変わってしまうところも「さすがBLCD! 声優GJ!」と叫びたくなります。
2人の声質の差からか、大人な攻めのてのひらの上でコロコロされている生意気な受け、という構図が頭の中にしっかり描けますよ。

原作は左京亜也の漫画なのですが、左京亜也といえばクロネコ彼氏シリーズの原作者です。
クロネコ彼氏の賀神・真悟ペアほどの濃厚な絡みではありませんが、S系クール攻め彼氏と打たれ強い元気系受けが好きな人にはおすすめです。
てらしーの可愛い喘ぎはもちろんですが、田中(森川智之)の攻めが最初と比べて後半は次第に甘くなっていくところはぜひお聞き逃しなく!

(ライター 矢吹良子)

CDの詳細はこちらから
イケズ彼氏の堕とし方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>